熱音響現象とは

熱音響現象とは?
熱音響現象とは,音と熱が関わり合う現象であり,エネルギー変換とエネルギー輸送という2つの側面があります.

一般的な音波の場合
通常,音波が自由空間を伝搬するとき,音波の伝搬媒質である流体の圧縮・膨張のサイクルは非常に短く, また、近傍に熱の散逸要因がないため,流体は断熱的に変化します.

熱音響現象を引き起こす音波の場合
音波がスタックの流路のような波長の3千分の1程度の狭い流路をゆっくり伝搬する場合, 流体の圧縮・膨張のサイクルは長くなり,流体は等温的に変化し,スタックの流路壁と流体において熱交換が行われます. この熱交換によって,音エネルギーならびに熱エネルギーのエネルギー変換やエネルギー輸送が行われます.
この,熱エネルギーや音エネルギーのエネルギー変換やエネルギー輸送が熱音響現象です.

Pocket