日本音響学会2017年春季研究発表会に参加しました

日本音響学会2017年春季研究発表会に参加しました.
新幹線が停電で少し遅れて,焦りましたが,迷うことなく明治大学に到着しました.
この時期にしては寒い東京??で驚いておりますが,その分,花粉は少ないようです.

日本音響学会2017年春季研究発表会
http://www.asj.gr.jp/annualmeeting/index.html

M2の上野君とM1の江川君,和田君が発表しました.
久しぶりに坂本も発表しました.
タイトルなどは下記の通りです.

江川 航平,坂本 眞一,折野 裕一郎,上野 草,
“強制駆動による段差形状熱音響冷却システムの基礎検討 -2 種類の直管システムとの比較”,

和田 貴裕,坂本 眞一,折野 裕一郎,上野 草,梶浦 悠真,
“直管型熱音響プライムムーバーにおける熱緩衝管に関する検討 -熱緩衝管長さが発振温度に与える影響-”,

上野 草,坂本 眞一,折野 裕一郎,
“内径拡大多段プライムムーバー型ループ管方式熱音響冷却システムの冷却能力向上に向けて-作動流体をヘリウム・アルゴン混合気体とする検討-”,

坂本 眞一,犬井 賢志郎,折野 裕一郎,上野 草,
“低周波熱音響システムの試作 -全長29m ループ管型熱音響プライムムーバーの試作-”,

今回の熱音響のセッションは10件の発表がありました.
新しい取り組みや,今後必要であろう取り組みについての発表があり,今後が期待されます.
我々のグループにもコメントを頂き,ヒントになりました.
誠にありがとうございます.

秋の学会も参加できるように,一同頑張っていきます.

みんなとの写真取り忘れました,,,

Pocket